全国すし連山口大会参加 報告

11月12日(火)下関ツインメッセで盛大に開催されました。

全国のすし組合員約500名が参加しました。

静岡県からは22名参加。来年は大分県です。

長倉副理事長が叙勲「旭日単光章」受賞!

三島市大宮町「あめや鮨」 県すし組合副理事長の長倉吉雄氏が

令和元年秋の叙勲「旭日単光章」を受賞されました。

11月5日(月)県庁で県知事から叙勲伝達式が行われました。

おめでとうございます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ふじのくに「国際アカデミー」開催報告

令和元年10月25日(金)静岡市葵区両替町の「入船鮨」において

標記事業の一環である、寿司の技術講習が開催されました。

シンガポール・マカオ・台湾から11名が参加しました。

講師は、静岡県すし組合技術委員会副委員長 甲賀進一氏(磐田市沖之寿司)と技術委員 稲葉敏雄氏(静岡市入船鮨)です。

すしの歴史や質問には副理事長 竹内勝利氏(清水市魚竹寿司)がお話されました。

(目的)アジア諸国で鮨や和食の提供に従事している外国人料理人に静岡に来てもらい、県内の一流料理人の熟練技術や知識、農林水産の生産現場について学んでもらうことで、世界に向けて県産農林水産物と和の食文化の魅力を効果的に発信する。

終了後は、難波副知事表敬、修了式を行いました。

すし技術講習会を開催しました。

令和元年度「第1回技術講習会」開催報告

技術委員長 尾崎吉宜(静岡支部 すし処尾崎)

本年度第1回技術講習会を9月18日(水)静岡市葵区のホシザキのショールームにて開催いたしました。参加者は竹内副理事長はじめ13名。今回の講師は、静岡すし商新聞前号に掲載しました通り、滋賀県よりおみえ頂いた「青山修治先生」です。先生は数々のコンクールに出場して賞をいただき、近畿ブロックの技術コンクール審査委員長も経験されています。関西鮓はもちろん「巻きずし」「江戸前にぎり」にも精通されていています。今回は、江戸前ずし盛込み・細工ずし・鯖の棒ずしを実演披露していただきました。2時間余り休憩もとらず先生の集中力と体力に驚かされました。作品も繊細さとクオリティの高さに、参加者も引き込まれていきました。内容も実際に店で活かせる物もあり、大変勉強になりました。今後、これを機に滋賀県すし組合との交流をはかりすし技術の向上に活かしていきたいと思います。11月には第2回技術講習会を開催いたしますので、皆様のご参加をお待ちしております。問い合わせは県事務局までお願いいたします。